七五三のお参りをするにあたり知っておくべき知識3選!

七五三のお参りはいつどこですべきか

七五三のお参りは毎年11月15日に行われます。しかし七五三は祝日ではないので学校や仕事の都合がつかないことも多くあります。そのため11月15日の前後の休みにお参りすると良いでしょう。また、お参りする場所ですが、家から近い神社にお参りします。しかし遠方の有名な神社にお参りする人も中にはいます。遠い神社にお参りしても良いのですが、主役である子供が、長時間の移動に疲れてしまわないように気をつけましょう。

親の服装はどのようなものにすべきか

主役である子供たちは、女の子は着物を男の子は袴を着用することでしょう。そこで親がカジュアルな服装をするのはタブーです。男性はフォーマルなスーツを、女性は着物を着ると良いです。しかし、子供と一緒に行動する上で着物を着ていると、動きが制御されてしまいます。また、妊娠中の七五三のお参りをする場合、着物はお腹が締め付けられてしまうので避けるべきです。そのためフォーマルなスーツやワンピースなどを着るのも良いとされています。

お招きする人はどんな人を?

七五三と主役は子供です。子供を共に祝福して欲しい人をお招きすると良いでしょう。子供と母親と父親だけでももちろん良いのですが、都合が合うのであれば、祖父や祖母も一緒にお参りしましょう。しかし神社でのご祈祷を頼んでいる場合、参加許容人数というものが決められている場合があります。予約をする際に参加許容人数を確認しておく必要があります。制限人数を超えてしまう場合には父親と母親と子供だけがご祈祷してもらい、外で待っていてもらう手段をとると良いですね。

子どものために七五三のお祝いを盛大に開きたいなら、お店の選び方がポイントです。お色直しや記念のケーキなど、さまざまな演出を用意しています。