温暖化対策を実行する方法として現在注目されている壁面緑化

増えている壁面緑化について

近頃、公共施設、あるいは学校などでも活用され始めている壁面を植物でカバーし、日差し避けという形で活用しているものがあります。このメソッドを壁面緑化といいます。こちらの壁面緑化は元来屋上緑化とされるメソッドのものが始まりだと言われています。屋上緑化は主として外国の地方で古くから存在します。屋根に対して植物もしくは苔を植えて防音、或いは断熱を行うアプローチです。この機能を強い紫外線を防ぐ事に軸足を置いた方法が壁面緑化になります。

どの様な機能を果たすのかについて

壁面緑化につきましては直射日光を防御する事により家屋内温度の上昇を阻止します。それに加えて、風通しについても良く10度くらいの上昇を防いだという検証結果も見られます。又植物を採用するので電気といったエネルギーの力を借りる事がなくトータルコストがかかりにくいといえます。植物の種類等にもかなり影響受けますが防音するための機能に関しても期待されていて、日光の方向以外にもストリートに向かって建っている壁面に使われています.

さまざまな注意すべき点

壁に対して植物をはらせることからそれ相応の留意が必要となります。まず第一に壁面が木造のケースでは湿気が壁及び植物間に滞留することにより木材に対してカビ等が出て劣悪化が進んでしまうこともあります。加えてコンクリートに関しても強い植物についてはコンクリート内に入りヒビ割れの要因となってしまいます。これらの対策法としまして間にポリプロピレン製のものを入れるなどして予防します。さらにシーズンにより虫もでる可能性がありますので殺虫等は繰り返し行う必要性が生じます。

壁面緑化には様々なメリットがあります。建物の耐久性を向上させ断熱効果があり省エネする事や癒し効果があります。